「ホテル」という共同幻想

*
*

自動車免許への意識の変化

一昔前には、18歳になった瞬間に自動車免許を取ることが一種のステータスになっていたものです。   昨今はそういった風習はなく、車への憧れもなくなってきていると聞きます。   自動車教習所に通い、18歳が近くなってきた頃のことをよく思い出しては「もったいないなー」なんて思ってしまう…

ノウハウ

今日は微妙な気温ですねぇ。ヒーターなしだとちょっぴり肌寒いし、つけると暑い。絶妙に微妙です。最近フェイスブックとかツイッターとか色々使ってみようかなーって思ってるんだけど・・・・・ややこしいし、つながりたくないとこまでつながってしまいそうで怖いですねぇ・・・・特にフェイスブックね。つながるのに、拒否…

定住者ビザの誘惑

定住者ビザについて、ずいぶんそのビザがカバーする範囲が広いと驚いていたら、スポーツ選手から外国人の親から、高度人材の方まで、みんなこの在留資格なんだそうで、そういう面では、この特定活動という在留資格が在留カードに書いてあるといって、必ずしもその方の状況が判るわけでは無いんですよね。私も、定住者のビザ…

ホワイトニングリフケアトジェルの口コミをまとめてみました

シミを減らし美白効果があると大好評のホワイトニングリフトケアジェル。 各種美容ランキングで3冠獲得を達成したり、 女性雑誌はもちろん、なんと医学雑誌にも掲載された注目度の高い製品です。   では実際のところ、使っている人たちの評価はどうなんでしょうか? 口コミをまとめてみることにしましょう…

興行ビザが必要な人って?

興行の在留資格を取得して入国すべきか迷ったようですが、もちろん、照明さんや、ファイターの他のセコンドの類の方も興行ビザが取れるのですから、とって入国すべきなんです。よく、セコンドは無報酬なんで・・・とか言って観光ビザで来たがる方もいますが、本当に無報酬なんですか?ってところが問われるわけです。セコン…

配偶者ビザと言う魔法

中国の香港に住んでいる人は、中国の大陸との間では「通行証」というパスポートのようなものを使用します。私は、大陸の広州に住んでいる奥さんと結婚しましたが、香港に彼女が来るときにはいつも、その黒色の通行証をもって来ていました。私は一足先に日本に帰り、配偶者ビザをかみさんのために申請をして、後から呼び寄せ…

1  2